のんびり中学生をめぐるあれこれ

子どもをめぐるあれこれを母が書いています

欠席教材、取組中

娘の学校では先週末に運動会がありました。6年生は競技だけでなく、いろいろなお仕事もあって皆忙しそうでした。それにしても随分成長したものだとちょっと感動。


というわけで土特はお休みしてしまいました。時間的には途中から行けない訳ではないのに疲れていて無理だそうです。確かに集中力が続きそうにも無く仕方ないかとあきらめました。しかし、先週の木曜日も運動会の練習疲れでお休みしているのでなんだかちょっとね・・。
 
授業に行かないで算数を解いているとやたら時間がかかり、解説見ながら解いて理解したと言っているところも何だか怪しいです。納得がいかないところは個別、質問教室でなんとかしておくよう言いましたが、やはり授業無しはきつい!(ここで「何とかなる」なんて感想をいう娘は授業での集中度がいまひとつか?)そして算数以外の教科になると、教材はあまり使用されず。(特に土特)
 
体験談などを読んでいると、サピが楽しくて体調不良でも行きたがったとか、お休みなし、なんていう方をたまにお見かけするのですが、もしこれが成功の条件だったらうちは相当にまずいですね。面白かった話をいろいろ聞かせてくれる事もありますがいつもではないし、サボりたがる事も多々あり。始めた頃に比べればかなりましになって来たとは思いますが。