のんびり中学生をめぐるあれこれ

子どもをめぐるあれこれを母が書いています

最後のマンスリー

終わったあとの自己採点ではなんだか間違えだらけでどうなることかと思っていましたが、問題が難しめ?なのかとんでもないことにはならずに済みました。最高の出来ではないもののどちらかというとよい方かと思います。

 

前回今ひとつの国語もまあよし、算数・理科もまあまあ、社会だけ悲しい感じという結果。本人としては記述にわりあいと点がついていたことに喜んでいましたね。(その他はよく見ればいろいろと問題はあるのですが・・)
平常のクラスが変わってしまうであろうことだけ、ちょっとショックだったらしいです。苦手先生があたるとか。。そんなこと言っている場合じゃないんですけどね、まったく。