のんびり中学生をめぐるあれこれ

子どもをめぐるあれこれを母が書いています

その後

受験が終わってからというもの、娘はすっかりゆっくりな生活です。
 
本当にたくさんの時間を受験のために割いていたのだと改めて実感します。どんなにダラダラ過ごしても、宿題が終わらないとかそういうことはありません。これが普通なのでしょうが、ついこんな時間の使い方をしていていいものかとケチケチな気分になったりして、今はよしとする時だ、と思い直している始末です。
 
そして、終了してからというもの毎週の資源回収の日にはプリント類をせっせと出しているのですがまだ残っています。5年の夏以降のものしか無いはずですが、その大量な事!全部をくまなく勉強した訳ではないものの、、よくもこんなに!と感慨深いですね。(やり過ぎという気もします)
 
中学校によってはすでに宿題が出ているという話も聞きますが、娘の進学先は入学式まで何もありません。というわけで、方向の違った準備をしてもなあ・・でも何かないかなあ、ということで、小学生用の英語テキストを買って来てやっています。娘の通う小学校でも月2−3回?程度で英語の時間はあったものの、とても役に立ちそうには思えません。(アルファベットの書き方も怪しい状況)中学校ではすでに小学校で英語をきちんと!?始めている子どもたちと一緒になるという事で、(クラスは既習と未習でわけるらしいですが)少しだけ予習・・になるでしょうか。